宝塚LIBRE シマカワダンキ

宝塚美容室LIBREのdirector.シマカワダンキです。 お客様のライフスタイルや、ファッションに合わせたヘアスタイルをご提案させて頂きます。一人一人の魅力を最大限に引き出し、トレンドもプラスした再現力のあるスタイルを心がけています。レディースもメンズもお任せ下さい。ご予約は080-2516-1040にてよろしくお願いします。

R.I.P

宝塚美容室libreのシマカワダンキです。

 

今日は朝から残念な一報が入りました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000001-jij_afp-ent

 

f:id:shimakawadanki:20170721100313j:image

 

LINKIN PARK 

Chester Charles Bennington

 

が自宅で死亡している事が発見されたらしいです。

 

ショックすぎる。

 

KURTといいKといい、IKUZONE、chesterまで

 

好きなアーティストが次々と。

 

何か超越した人は、普通の人のわからない世界が見えてるのあるのでしょうか。

 

何かある時、勝負をかける時、気合いを入れる時。

 

いつも聞いてた『Given Up

 

f:id:shimakawadanki:20170721104739p:image

 

R.I.P

Chester Charles Bennington

 

 

 

 

教える事=学ぶ事

こんにちは!宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです!

 

本日はかねてからお話を頂いていた大イベント決行日でした。

 

f:id:shimakawadanki:20170714130947p:image

 

久々の早起きにに苦しみ、、、

(緊張と不安のためあまり眠れず)

 

久々の電車に揺られながら、

(電車通勤は混みすぎていて大変だという事に再び気づき)

 

久々に日中を歩いて、

(世の中の営業マンは暑い中、スーツを着て歩いていることに合掌)

 

たどり着いた住之江公民館。

 

人生初めての講師です。

 

ネイルケアについて、、、笑

 

まさかの?ですよね。

 

ネイルケアですよ?

 

僕、ネイルの資格ももってるんです。

(そのほか、算盤.フォークリフト.小型重機.危険物取扱etc)

 

資格マニアなんです笑

 

そんなこんなでお話を頂きました。

 

ママさん世代に向けた講習内容で受講者なんと16名

 

人生初の講師という大仕事に加え、16名の生徒さんを1人で見るプレッシャー。

 

初っ端自己紹介が飛ぶ事件

 

やらかしました。笑

 

台本をあらかじめ書いていきましたが、3行ぶっ飛ばしました。

 

受講者さんはみんな『終わり?は?』みたいな感じで。

 

あがり症なのは分かってましたがここまで自分が重症とは、、、。

 

帰りたくなりました。

 

帰りたくなりました。

 

帰りたくなりました。

 

けど

 

帰るわけには行かない!

 

シマカワギアあげました。

 

ぶち上げました。

 

美容師ならではの視点でのネイル講習を心がけ、

 

プロ意識を持ちながら再び

 

f:id:shimakawadanki:20170719160957j:image

 

講義内容、進行具合、満足度。

 

80点

 

自己紹介と伸び代の期待値で-20点です。

 

まあまあ成功です! 

 

  • 自分で80点という高得点を自負する理由。

 

帰ってからは自分の教えようとしている事が果たして正解なんだろうか?なんて考えながらもう一度、練習&勉強。

 

 反復練習

 

これに尽きると思います。

 

 今回講師という立場で人に教える事をしたわけですが、自分を技術を見つめ直したり、自分が教えられた事+αを考える事で学ぶ事に繋がったんだと思います。

 

教える事=学ぶ事

 

確実に自分を成長させた今回の体験。

今後もお声がかかっているのでまずやってみようと思います。

 

自分の為に、お客様の為に。

 

 

 

人は見かけか見かけじゃ無いか

こんにちは!宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです。

 

突然ですが

 

人は見かけで判断しますか?

 

f:id:shimakawadanki:20170719131555j:image

 

僕がスタイリストになりたての21歳くらいの頃、こんな事がありました。

 

歳は5.60代の方。

 

指名なしでのご来店で、カットとパーマ

 

いつも通りの感じで

 

『本日担当致します!シマカワダンキです!

よろしくお願いします!』

 

なるべく元気よく挨拶をしました。

 

すると、、、

 

『あら、アシスタントさんかと思ったわ。こんな若い子がやるの?変えてくれない?』

 

ショックでした。

 

f:id:shimakawadanki:20170719131719j:image

 

一度も髪に触らして貰ってないのに。

挨拶しただけなのに。

元気に振る舞ったはずが、なんで?

 

その時の理不尽というか、すごく悔しい気持ちは今も覚えています。

 

この時に

 

人は見かけで判断される

 

事をつくづく感じました。

 

ただ、今は思うこともあります。

 

あの時一呼吸置いて、がっつかずに少し静かなトーンで入客していたら。

そういった年齢も感じさせないような振る舞いをできていたら。

 

なんて考えると本当に見かけだけで判断されたのだろうか?

 

 

 

f:id:shimakawadanki:20170719132014j:image 

 

僕は体にタトゥーがいくつかあります。

 

日本ではなかなか良いイメージのないタトゥーカルチャー。

 

やはりデメリットの方が多いです。

 

たまに、美容業界は多いから大丈夫じゃない?

 

なんてこともちらほら聞きます。

 

僕もこの職業に就く前はそう思っていました。

 

が、実際

 

そんな甘くはない。

 

やはり美容業界でもタトゥーNGな所が大半で、面接でも断られる。

 

大手サロンも大々的にタトゥーNGを宣言されていたり、風当たりはキツイです。

  

やっと見つけた全サロンでも出勤時からサポーターなどで隠しながら働き続けました。

 

やっぱりご法度なんです。

 

ただそういうマイナスな所もひっくるめて後悔した事は一度もないし、そういう風潮は当たり前だと思います。

 

日本で生まれてきた以上仕方がなく、理解し難い人たちが間違ってるとも思いません。

 

ただ、少なくともメリットもありました。

 

その話で盛り上がれたお客様、技術がよければ関係ないと言って頂いた方々の温かみetc

 

沢山の見かけじゃない部分でお付き合いして頂いてる方々も沢山います。

 

そう言った愛情的なものを感じれた事もまた見かけの部分に助けられたような気がします。

 

人は見かけかの捉え方

 

自分自信や、その場所によって、感じれる悪い部分でもあり、良い部分なのかなと思います。

 

色々なことを活かして、お子様がご来店される時、受け入れ辛い方などのご来店時には隠す事にしています。

 

接客に対しても今一度考え直して色々な年齢層の方々がご来店いただいています。

 

お互いが嫌な気持ちにならないように。

 

来たる、2020年、東京オリンピックを機に色々な事が変化すると思います。

 

偏見がなくなるよう少しの期待をしながら楽しみにしてます。

 

人は見かけか見かけじゃないか

 

デメリットをメリットに変えれるかは

 

f:id:shimakawadanki:20170719132652j:image

 

自分次第です!

 

 

 

組織を強くする為に

宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです。

 

最近ふと思うことがあります。

 

フリーランス、委託サロンや個人で動いたり、独立する美容師さんが増えたなと、、、。

 

f:id:shimakawadanki:20170716161740p:image

 

多分、美容業界が変化しつつあるちょうど成長期を感じます。

 

時代と順応していく手段のひとつにフリーランスが増え始めています。

 

身近ですと、宝塚美容室LIBREの中にはバックパッカーが泊まれる民泊たるものがあり、

 

今そこに3ヶ月間、スタイリストになるべく修行しにきている美容師さんがいます。

 

その子達はスタイリストになるとフリーランスとして活動していくそうです。

 

 年齢なんと22.23歳。

 

僕とあまり変わりません。

 

その子達は周りの子達より一足先に頭を使い、セルフブランディングをし、フリーランスとしての道を選びます。

 

いわば独立

 

賢いなと思うと共に、今後スタンダードになると思います。

 

前回の記事の中で、最近は僕は独立心を捨てたことをお伝えしました。

 

f:id:shimakawadanki:20170716172128j:image

http://shimakawadanki.hatenablog.com/entry/2017/07/09/173625

 

自己主張が激しい僕でしたがオーナー荒木から引き抜きの話を頂いた時に個人での独立は捨ててきました。

 

何より、オーナーと出会った時は

 

『宗教みたいなサロンで働きたい』なんて言ったことがあります。

 

そして、気づいた事があります。

 

大手サロンや勢いのあるサロンは優秀な2番手がいる。

 

ということです。

 

オーナーが無茶苦茶な時、何か新しい事を始めようとしてる時、失敗した時、成功した時。

 

冷静に考え、新しい方向性を提示したり、チャレンジを後押しできるような人。

 

何か新しい事を始めようとしてる時はメリットやデメリットを考えれる存在。

 

そんな2番手は必要不可欠であり、これもまた今後重要なポジションと僕は思いました。

 

そのポジションに僕はなりたい。

 

オーナーが自由にのびのびでき色々な所に足を運べることこそが僕の存在意義だとおもいます。

 

何より、オーナーの考える自由な発想が僕自身、ワクワクさせられ、楽しんでいるから。

 

そういった発想は自由でないと失われる思います。

 

勿論、人任せなんてものでは無く、雇われているからこそ、個を売る

時には組織の為に自ら表に出てプロデュースする。

 

そうして雇われいるからこその自由も与えられるのではとおもいます。

 

会社と共に成長しながら試行錯誤。

常にオーナーとは逆の視点で考えれるように、色々な方向性を考えれるような。

 

フリーランスが増えていく今後、

 

美容業界がガラッと変化する未来、

 

変わるからこそ基盤のしっかりした最強のサロンが必要視されるのではないかと考えます。

 

そしてそうなれるよう、

f:id:shimakawadanki:20170716183859j:image

 

最強の組織を作る為に僕が最強のナンバー2になります。

レッスンしてるよって人が嫌い

宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです!

 

突然ですが僕、

 

レッスンしてるよって人が嫌いです。

 

f:id:shimakawadanki:20170715164855j:image

 

これはただただレッスンしてる人が嫌いと言うのではなく、誰かに見られてたり、先輩などに見せる為だけのパフォーマンスレッスンてのが大嫌いです。

 

いや、誰の為にしてんの?

 

って話です。

 

先輩の為ですか?

同期よりしてますよって意味も込めてですか?

 

そういうのって意外とバレるもんで、必ずここぞという時にボロが出ます。

 

何より気を使いながら嫌々レッスンする自分が嫌いになると思います。

 

そして美容師も嫌いになるとおもいます。

 

 

 f:id:shimakawadanki:20170715173243j:image

 

僕がアシスタント時にやっていた事

 

サロンでのレッスンは全体レッスンのみでほぼ皆無でした。

 

勿論最初は先輩方も

 

『え?こいつサロンでレッスンしないで余裕ぶっこきすぎじゃね?』

 

f:id:shimakawadanki:20170715173459j:image

 

なんて思われていたと思いますw

 

ただ、誰よりも早く帰宅し自宅で黙々とレッスンして全体レッスンの時は個人レッスンの疑問点だけを先輩に聞きながらひたすらやる。


同期にも先輩スタイリストにも内緒で黙々とレッスンし続け、ここぞという時に“これだけできるんだぞ”的な感じです。

理由は

1. 1人の方が集中して黙々とレッスンができる。(自分の今やるべき事を全力で出来る)
2. サロンで自主レッスンしないのに全体レッスンや、スタイリストについた時に出来てしまうので、手先が器用なやつにみられる。

1番目は当たり前っちゃ当たり前な感じがありますが、2番目に関しては?だと思います。

レッスンしてないのに出来てしまう、

手先が器用な奴のレッテルを貼られる事に成功したわけです。

 

f:id:shimakawadanki:20170715173635j:image

 

すると、個人サロンはアシスタントの少ないのでやはり出来る奴が優先的に使われるんです。

実際はそんな事なく、毎日続けてやり続けた事が先輩達に届いた。

 

って事でした。

 

勿論、サロン内でのレッスンは大切です。

 

間違いないです。

 

ただ、嫌々orやってますよ感を出すくらいならやめちゃえばって思います。

 

これは嫌味やレッスンを見たくないのではなくただ、

 

自分の時間をもっと大切にしてほしい為です。

 

それなら家に帰ってSNSなどで自分のモデルになってくれそうな人を探したり、

 

バーや人が集まりそうな所にいって顔を広めた方が有意義で、自分の為になると思うんです。

 

もう少しレッスンの本質や、時間の使い方などを考えてみませんか?

始まりと終わりと始まりと

宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです!

 

先日の撮影後、とある場所へ。

 

  

半年ぶりのあの場所。

 

申し訳なさと、会えることの喜び。

 

3年間勤めた前サロンです。

 

美容師的には前代未聞?である坊主にて面接を受け、人相も悪いのに受け入れてくれた前サロン。

 

f:id:shimakawadanki:20170712111622j:imagef:id:shimakawadanki:20170712110144j:image

 

働いていた頃の自己主張ぶりがすごく、サロンでは浮きっぱなし。

我儘を貫いて

 

f:id:shimakawadanki:20170712111044j:image

 

中途半端で何の技術も持ち合わせていないのに、言い訳ばかりしていました。

 

口だけは一人前。

 

f:id:shimakawadanki:20170712111743j:image

 

上の方からは随分

 

扱いづらい存在

 

 f:id:shimakawadanki:20170712111233j:image

 

だったと思います。笑

 

そんな僕を1から教え、めちゃくちゃ怒って貰いました。

 

旅行もご飯もよく連れて行ってもらいました。

 

f:id:shimakawadanki:20170712111928j:image

 

可愛くないであろう僕を可愛がって頂きました。

 

f:id:shimakawadanki:20170712122038j:image

 

感謝もこめて退社時には再び坊主にして去りました笑

 

そんなサロンに退社以来はじめて踏み込む聖域。

 

もっともっと成長したところを見せたかった申し訳なさ。

 

色々な感情が混じりながら出陣しました。

 

いつもと変わらず迎え入れて頂けました。

 

昔働いた場所も皆もなにも変わらずに

 

変わっていたのは

 

営業時間の短縮と休日の追加のみ

理由は求人の為だそうです、、、。

 

しっかりと現状報告をし、喝を入れられながら終電まで話し合いました。

 

時間はあっとゆうまでしたが退社以来のことを語りつくしました。

 

全サロンの思うこと、ありがとうの気持ちはあの時どう思ってたのかなど。

 

行って本当に良かった。

 

 

 

ここで僕が思うこと。

 

スタイリストとして、師匠達と美容について話したり、意見を交えるその瞬間こそ、今までの頑張りや、師匠達の感謝がこみ上げる一日。

 

になると思います。

 

僕が思ってるよりもっと深く考えてくれてたり、負担を負わせてたり。

 

人に教えるという事の責任

 

なんてことを考えさせられました。

 

アシスタントの時はアシスタントの時の有り難みは分かりづらいと思います。

 

実際、僕も早くアシスタントを終わらしたくて駆け抜けた方です。

 

早く抜けたくて終わらしたくて。

 

ただ今本当に思うことは

 

アシスタントの時期の充実度でスタイリストの飛躍度がぐんと上がるという事。

 

上の人が言うようにつべこべ言わずやれ!と言う事です。

 

ただ、僕は逆も然りだと思います。

 

スタイリストの時はスタイリストの有り難みも分からなくなりやすい傾向にある。

 

一日一日、お客様に接してアシスタントに任せる。

 

そんなこんなで当たり前が生まれる。

 

成功してる人ほどよりスタッフを考え、巣立ちを考え、手が離れても考える。

 

そんな前サロンのスタッフ達。

 

f:id:shimakawadanki:20170712121929j:image

 

ここで働けたこと、恵まれた環境に感謝しかありません。

 

そしてもっとデカくなって会いに行きたいと思います。

 

企み

宝塚美容室LIBREのシマカワダンキです!

 

今日はお店の定休日なので、サクッと撮影してます!

 

f:id:shimakawadanki:20170710112525j:image

 

撮影する時は一眼レフに単焦点レンズ、フィルムカメラを2台という偏りの激しい機材を専用のカメラバッグに忍ばしています。

 

大まかにいうと、

 

  • 一眼レフは女性
  • フィルムは男性

 

てな感じで使っています。

 

勿論一眼で男性を撮ることもあり逆も然りですが、、、

 

結果的に写真をみると採用されるのがこんな感じな訳です。

 

僕なりの理論?的なものがあり、

 

男性はフォルムを重視し、女性はフォルムに加え、色味や質感などの細かい所を注視している。

 

なんて思います。

 

実際のカウンセリングでも

 

男性は

 

f:id:shimakawadanki:20170710112642j:image

 

 

などをオーダーされます。

 

対して女性は

 f:id:shimakawadanki:20170712140808j:image

 

カラーリング内容や、

トリートメントでの艶出し、

カットに関しても毛先を整えたり、

 

フィルムで演出できない部分がいくつかあります。

 

そんな細かい所を見たり見なかったり、、、。

 

 

じゃあ、全部一眼で撮れば?

 

なんて声が聞こえて来そうですが、

 

僕自身、フィルム独特の雰囲気作りが出来ることや、

シャッターを切り現像するまで出来上がりがわからないワクワク感。

 

なんてものが大好きです。

 

最終的にはフィルムだけのスタイルブックなんか作るのもありかな?

 

なんてことも考えてますー。

 

誰か協力してくれる方が居たらお願います笑

 

てな感じで僕の

 

企み

 

HPB→https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/slnH000378044/stylist/T000410654/#stylistHeadline

☎︎⇒08025161040